So-net無料ブログ作成
検索選択

【嫌韓ネタ】凶の韓国のゴーマニズム、他

ネタ無しは辛いのぅ~。というわけで何日ぶりかのエントリーです。

2ちゃん的韓国ニュース

韓国人「日本は我が国から文化受け入れ成長した『下位文化』。しかし良い点は受け入れるべき」
http://blog.livedoor.jp/newskorea/archives/1034295.html

中国人ブロガーが「日本は下位文化の国である。」と言う言い方を
記した事は寡聞にして知りません。韓国人ならではの「空威張り」
ですな┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

兎に角、他国に対する慇懃無礼の例であり、対日態度は推して知るべし
って見本ですな。こういう礼儀を知らぬ事を言うから他国人にマトモに相手
にされないのだと。というわけでこのネタはここまで

ネタが尽きたので北朝鮮ネタ

ZAKZAK
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20091026/frn0910261612002-n2.htm

エロヲヤジの間で評判になっていた北朝鮮レストラン「平壌館」ですが
一年前ほどに夜逃げ同然で閉店したそうです。原因は世界同時不況
に依る韓国人客の激減だそうで。まあ、裏では春を売っていたとの
噂も有りまして、それがタイ当局に目を付けられた事も原因ではと。
タイ当局への「お茶代(カーナムチャー)」(つまり賄賂!)も要りますしね'`,、( ´∀`) '`,、
それが払えないとなると「摘発」が(^Д^)9cmプギャーッ

北朝鮮人商法の限界を露呈した形ですな┐(´д`)┌ ヤレヤレ

次、「凶の辛淑玉」

倒京新聞
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2009110102000074.html

ま、「お前がいうな記事」ですが(^_^メ)

記事そのものは大してツッコミ所がない。敢えて指摘するなら

 世襲の政治が継承され構造的には同じ。下品な金持ちから上品な金持ちに
変わったくらい。米国でプレスリーを歌った小泉(純一郎)さん、政権を投げ出した
安倍(晋三)さん、「あなたとは違う」と言って辞めていった福田(康夫)さんと、
みんな品がなかった。やっと一応は格好のつく人になって、ほっとした部分はあるかも。

お前が言うなボケとフルボッコにしたい気分ですが(^_^メ)
まあ、私情はさておくとして、反日朝鮮人の傲慢さが出ていますな。
今回は只それだけで辛淑玉本来の腐れ外道ぶりが隠れているのが
ツマラン所ですが┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

というわけで2ちゃんねら~にヘルプを'`,、( ´∀`) '`,、

36 :<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん:2009/11/01(日) 08:53:08 ID:oVXDmpzd
辛子玉の人間性をよく現してる文章だと思うよ・・・ >>1

味方になり得る勢力に対しても唾を吐き、孤立
なんて自分は可哀そうな存在なんだ、
それもこれも全て、日本社会に在日として生まれたからに違いない
ああ、日本人が恨めしい

これの繰り返しだろ >辛子玉

(引用終了)

つまり、辛淑玉にとっては、またと無い「反撃」の好機である筈なんですが
味方に出来る筈の鳩山/民主党に対して慇懃無礼な態度を取り、孤立する。
全く以て闘争する奴としては最悪な手を次から次へと打つ奴です(^_^メ)
これで我々日本人や我が日本に対して敵意を剥き出しにするのですから
呆れ果てます。だから辻元清美にも全く相手にされないのだよと┐(´д`)┌ ヤレヤレ
いや、インリン・ジョイトーイにも馬鹿にされるレベル(^Д^)9cmプギャーッ
これ以上罵詈雑言を吐くと冗長に成りすぎて本になりそうですので止めときます。
nice!(1)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 3

T.N

カラシ玉と意見があってしまったところがあります

>期待していなかったので予想通りかな。

友愛されろババア
by T.N (2009-11-01 18:48) 

abusan

T.N様お早う御座います(^o^)

>カラシ玉と意見があってしまったところがあります

'`,、( ´∀`) '`,、
本当に鳩山に友愛されればいいんだよ。カラシ玉は( ´,_ゝ`)プッ
と私も思いますwww
by abusan (2009-11-02 06:12) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。