So-net無料ブログ作成
検索選択

【嫌韓ネタ】安重根に対する評価の修正【続きネタ】

どうやら安重根に関する基本知識すら持って無くてエントリーしちまった様です。
読者の皆様に対して深くお詫びしますm(__)m

安重根Wiki
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E9%87%8D%E6%A0%B9

ドナルド・キーン氏曰く「安重根は明治天皇を尊敬していた」のだとか。

意外ですなあ(^◇^;)

Wikiに依ると北朝鮮側の見解

安重根の救国の意志は認めるものの、その手段としての「暗殺」は評価しない。
「併合に対して消極的であった伊藤博文を暗殺の対象に選んだ」ためである。


と冷徹な評価であるのが実情の様で、これは北朝鮮人の評価と考えて良いでしょう。
延辺朝鮮族の評価は・・・・・・・・・・・恐らく冷ややかなものでしょう。

結論としては安重根

当時の反帝国政府
武装勢力の頭目の
一人である。


と言う事でしょう。そう言えばアフガニスタンでの

タリバン VS 反タリバン北部同盟

は有名な話しですなあ。しかし、反タリバン北部同盟の将軍が
必要以上に英雄視される事は無い、返り討ちに遭ったマスード将軍
も部族内での英雄と言う評価に留まっているのが実情でしょう。
逆に言えば安重根を英雄視するかしないかで韓国反日主義者
であるか否かの試金石的存在とも言えるでしょう(^_^メ)

当たり前の話しですが、私にとって安重根は間違っても「英雄」ではありません。

只、韓国人が英雄視するのを必要以上に否定してしまった事は
反省材料です(--;) ウ 韓国反日主義の論理から言えば安重根英雄視
は寧ろ当然の事であり、韓国そのものの出自の発露とも言えるでしょう。
別の言い方をすれば日本人は勿論の事、中国人が英雄視しなければ
ならないと言う筋合いは有りませんがね(^_^メ)

2ちゃんねるで

名無韓国人: 安重根義士ニダ.
嫌韓日本人: 君にとってはね( ´,_ゝ`)プッ 朝鮮人君


というのが正解だったようです。立場が違うとつい感情的になってしまいますので。
只、韓国人は安重根を自分たちの価値観で必要以上に持ち上げる性癖が有り
日本は元より他国でも失笑を買っていますな。

それと安重根の子孫家系(子孫も敬称略)

安重根
 |
安俊生(アン・ジュンセン)===鄭玉女(チョン・オンニョ)
                 |
               安雄浩(アン・ウンホ)
                 |
               トニー・アン(アン・ボヨン)


安俊生(アン・ジュンセン)氏以外は配偶者名を省略しています。

と言うことで特定亜細亜ニュース
http://specificasia.seesaa.net/article/131259287.html

曾孫のトニー・アン氏は「子孫として誇りに思う。だが、子孫として
やるべきことが見つからず、責任も感じている。」
と発言してますが
嫌韓日本人としては

んでアル・カーイダの様に活動するのかい?まさかね'`,、( ´∀`) '`,、

と皮肉りたくなりますが流石に軍歴が無いトニー・アン氏に
曾祖父(安重根)の様な真似は出来ないでしょう。
しかし、それは米国市民として幸福な事です。
まかり間違ったら中東で反米闘争に志願なんてシャレに
成らない事になりますからね'`,、( ´∀`) '`,、
ましてやアル・カーイダ加入なんてね( ´,_ゝ`)プッ
まあ、先祖の安重根にはさぞかし無念な話しでしょうが、
子孫の幸福の為には闘争なんぞに関わらない方が良いと。

安重根の子孫が
自爆テロなんて
全くシャレに
なりまへんで
'`,、( ´∀`) '`,、


次、安重根の事でパ韓国人が火病ってる話し

★厳選!韓国情報★
http://blog.goo.ne.jp/pandiani/e/da1f439c04ddda5f8f6b3c0e40bb8730

アホボケカス!
( ゚д゚)、ペッ


の一言。これ以上くどくど言うのも面倒で馬鹿馬鹿しい話しです( ゚д゚)ポカーン
恐らく、ここ数日の「安重根特集」は今日で終わりやと思いますが
ネタが無ければまたしつこく出すやも知れず(^◇^;)
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

熊五郎


お風呂で洗いっこ楽すぅぃぃぃぃ!!ヽ(*´ー`*)ノ
若い女の子にあんな体中さわられたの初めてだぜぇぇぇ!!

もー我慢できなくてベッドに戻るまでに3回もヤっちまった!!
これやってたら風 俗とか行く気なくなるわ(笑)
http://9gtmilc.jp.mg999.info/9gtmilc/
by 熊五郎 (2011-04-11 14:49) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。