So-net無料ブログ作成

嬰児誘拐事件の病院名

全くその後赤ちゃんの行方は何処へと。こっちの方は心底心配です。
警察も小さな命とあっては懸命の捜索をされてるでしょうが。

被害者の方には不謹慎ですが、事件の舞台は

  光ヶ丘スペルマン病院

なんですが、溶解する日本で紹介されてたブログ「かきなぐりプレス」
(管理人:tetorayade氏)が調べられた所

スペルマン枢機卿(ローマ教皇の選挙、補佐にあずかる職)の援助を得て、
昭和30年スペルマン病院が開設されたようだ。
(かきなぐりプレスより引用)

だそうで。つまりカトリックの枢機卿がキリスト教の精神で病院を建てたと
まあ、聖なんとか病院と同じ様な由来だったのですね。しかし、大方の人
は事件が産科で起こった為に病院名が気になった様で。

理由は?それは言わぬが花でしょう。


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 1

Tバック

レイプされました。ありがとうございます。
by Tバック (2006-01-12 17:00) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。